ラジコンヘリによる地形調査

ラジコンヘリにデジタルカメラを搭載して空中から地形を撮影します。撮影した映像を解析して、地形、植生、地質などを判定したり、3次元解析によって地すべり土量の算定なども行います。

ラジコンヘリ

これまで3次元解析が可能な空中写真の撮影は、撮影専門会社の技術に頼ってきました。しかし一般にはまだこの方法は費用が高く、小規模な調査では利用を見合わせるケースが多いようにみられます。
当社で使用中のラジコンヘリは、積載可能重量2kg、滞空時間最大30分です。当社内で常時整備しており、技術社員が自らの操縦で撮影します。このため、極めて迅速、低コストで的確な撮影が可能となりました。写真撮影には、天候条件が備わる必要があります。とくに最大風速は3m/sec以内が望まれます。

空撮写真の活用例

撮影とサーフェスモデルの作成

サーフェイスモデルは、撮影した映像の点群を3 角網(TIN)構成に変換し、ポリゴン面の集合体モデルとしたものです。等高線、断面線などの連続した切断形状の抽出が可能となります。解析ソフトは、Geo Magic StuDioを用いました。このソフトウェアでは3 次元の点群データから高速処理によりサーフェイスモデルの作成が可能であり、ノイズ除去などのフィルタ機能も備えています。
解析画像を3次元座標データ点群として保存し、ラジコンヘリによる撮影データのほか3Dレーザの精密データや測量データなどと組み合わせることができます。こうして蓄積した3次元点群データは、任意視点から鳥瞰し、任意断面で切断し、土量を計算するなど、高度な解析ができます。これらの技術については、計測リサーチコンサルタントの技術協力を得ております。


ページのトップへ戻る