建設コンサルタント

各種応力測定、解析(情報化施工管理)騒音・震動測定、沈下解析、間隙水圧測定、地すべり関連計器設置・測定、各種測定結果の逆解析・挙動予測・測定結果を用いた設計業務

主な業務内容

建設コンサルタントには多くの技術部門があり、それぞれの部門について専任の技術者が必要です。土質工学株式会社では、 各技術分野ごとに独自の技術を蓄積して、建設コンサルタントの各部門の業務を担っています。主として土木関係の調査・設計を中心に岡山県、市町村関係の事業に携わり、特に防災・減災対策業務について実績を積んで参りました。現在、以下の部門での取り組みを行い地域のニーズに答えています。

  ●河川、砂防及び海岸・海洋
 ○森林土木
 ●地質
 ●土質及び基礎
 ○施工管理
注)●は国土交通省による認定技術部門、○はその他の指定技術部門です

地すべり調査・解析

自然災害の防止には、「大地の血液」と言える地下水の調査を欠くことができません。地下水位を測り、流動位置を明確にして、すべり面を把握することが斜面崩壊と地すべり対策の基本となります。

  現地踏査         伸縮計        孔内傾斜計      自記水位計

 

 

ページのトップへ戻る