社長あいさつ

地域の防災と維持発展に貢献します

ようこそ土質工学株式会社のホームページをご訪問いただきました。
 弊社は昭和46年創業以来、前社長吉田典弘のもとで地すべり調査とその対策工事を中核に、技術の研鑽を重ねて参りました。私たちはこの蓄積を礎に、装いを新たに第2ステージにむかって再スタートいたしました。皆様には、このホームページで新しい土質工学株式会社の姿をご覧頂くとともに、社員との情報交換の場としてご利用いただきますようお願い申し上げます。
 弊社はいささか堅苦しい社名からもご想像いただけますように、岡山県北部一帯に分布する地すべり危険地帯の土質性状を調査・観測して合理的な対策工法を提案・施工するという、極めて地味な業態から出発いたしました。お陰様で、現在では岡山県内はもちろん、地域の地質・地形・気象・地下水などに関する長期間の技術情報の蓄積が膨大なものとなりました。今後はこれを駆使して幅広い貢献ができる素養が整えられたと自負しております。
 土質工学株式会社の第2ステージでは、気象の激変や大規模な地震に起因する地すべり、洪水・高潮などの自然災害防止をはじめ、土壌環境汚染対策や構造物の劣化診断など、引き続き喫緊の課題へ対応するための技術を提供して参ります。また商工業施設や集合住宅、戸建住宅にいたるまで、その立地・再開発・基礎・下水処理・環境関連技術など広範な建設ニーズにお応えしていく所存であります。
 皆様の多様なご要望にお応えするため、弊社に蓄積された技術情報やノウハウの活用はもちろん、学術機関との連携や先進技術の研究・導入も積極的にすすめ、またこれらの情報を可能な限り皆様と共有して、ともに地域の防災と維持発展に努めて参ります。どうか温いご指導、ご鞭撻を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

ページのトップへ戻る